お気に入りに追加 お気に入りを見る

バナナマン (漫才師、DJ・パーソナリティー)のプロフィール

名前バナナマン
結成年1993年
血液型
星座
サイズ
活動ジャンル漫才師、DJ・パーソナリティー
プロフィール設楽統(ボケ・ネタ作り担当)と、日村勇紀(ツッコミ担当)からなるお笑いコンビ。1993年に結成。1993年10月、2人の共通の知人であり『東京フレンドパークII』に従業員として出演していた西秋元喜の呼びかけにより、日村・設楽と西秋の元相方を含めた4人グループを結成したのが2人の出会いのきっかけ。当時、日村は高校の同級生と組んでいたコンビ『陸上部』(放送作家の植竹公和が命名)を一方的に相方から解散させられ、ピン芸人としての活動も殆どすることなく、新しい相方を探している状況で、一方の設楽も渡辺正行の運転手をしながら相方を探していた。そんな2人に西秋から声がかかったわけである。西秋の名前は、今でも『バナナマンのキューピット』『バナナマンの恩人』として、2人の話に挙がることがある。4人時代はアルタの裏で待ち合わせとしていた。ところが設楽は、そのグループの2回目の稽古で、西秋とその相方がつまらないことに気付き、その日、日村の家に寄った設楽はそこで「(2人を)切るか」と話し、その翌日に西秋を呼んで脱退の意思を伝えた。これが事実上バナナマン結成の瞬間である。バナナマンのグループ名の由来は設楽が考えた「赤いライオン」「ライオンジャック」「ライオンズ」「バナナマン」の4つの中から選ばれた。彼等のコントは鋭い時代感覚と定評のある演技力で現実と非現実の狭間を余すところなく表現。そのリアリティが、男女問わず大人まで楽しめる空間を作り出し、クオリティの高いステージを展開。単独ライブのチケットが「即日完売」になるなど話題を呼び、各界にもファンは多数。主な出演作品として、日本テレビ「コレってアリですか?」、東海テレビ「バナナマンのブログ刑事」、TOKYO MX「バナナ炎」、テレビ東京「世界を変える100人の日本人! JAPAN☆ALLSTARS」、「ゴッドタン」、テレビ朝日「シルシルミシル」、TBSラジオ「金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」、CM「ウィルコム」他多数。所属事務所はホリプロコム。
代表作品関西テレビ「サイコーの問題」レギュラー(2013)、TBSラジオ「金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」レギュラー(2013)、お笑いライブ「bananama live 2013 Cutie funny」(2013)、(2012映画「それいけアンパンマン よみがえれバナナ島」)
公式サイトhttp://www.horipro.co.jp/bananaman/
公式ブログ

バナナマンの動画

お笑い芸人 一覧

YouTubeのバナナマンの動画一覧を表示しています。名前「バナナマン」で動画を表示しているため同名の芸能人・有名人がいる場合やYouTube内に動画自体がない場合は適切な動画を表示できないことがあります。あらかじめご了承ください。